家を建てる時の総合情報サイト

家を建てるドットコム2020最新版

平屋

平屋の家を建てる費用相場※2階建てよりも圧倒的に安いと思ってませんか?

投稿日:

家を建てるうえでの究極の贅沢は「平屋」だと私は思っています。

何故かというと、まず平屋を建てるには広い土地が必要となるからです。

30坪の二階建てと平屋を建てるとなると単純計算で土地は倍必要になります。

平屋

都市部なんかは土地代金がとても高いので、15坪前後の土地に細長い三階建ての家を建てることが殆どだと思います。

では本題に入りますが、住宅の建築費用に関してお金がかかるところってどこか分かりますか?

正解は外装材です。外装、躯体です。簡単に言えば外壁や瓦、コンクリート、柱や梁などがお金が沢山かかる所です。

その為一階15坪、二階15坪の二階建てと、30坪の平屋とだと、基礎のコンクリートも倍必要になりますし、瓦の必要な量も多くなります。

屋根の高さ自体も平屋の方が高くなるのでその分梁や柱も必要になります。

フローリングやキッチンは全く同じものを使ったとしても、二階建ては階段が付く分階段の費用が増えますが、それよりもコンクリートや瓦の代金の方が高いです。

これを踏まえると、家づくりでよく坪単価という言葉を耳にすると思いますが、その観点からいくと平屋の方が坪単価は割高になります。

では平屋の方が建築費用が高いのかどうかといいますと、簡単にそうですとは言えません。

平屋と二階建ての圧倒的な違いといえば廊下が必要かどうかです。

二階建てになると、階段のスペースや各居室へ入るために廊下が必要になってきます。

しかし、平屋の場合は極論LDKから直接自分の部屋に入る事も可能です。

結果、居室スペースは同じ広さの場合でも廊下を省いていけば平屋の方が3坪前後は小さく抑えることが出来ます。

その為建築費用もその分抑えることが出来るので、二階建てと同等程度に抑えようと思えば抑えることが可能です。

しかし、建築費用が同程度になったとしても、土地を購入する場合なら広さも倍程度は欲しいので、土地代金が倍かかると考えればトータルで考えると平屋の方が高くなる事が多いです。

本当に平屋は1番の贅沢であり、高齢になってからでも全ての部屋を有効活用出来るとても憧れる建物が平屋です。

平屋は安いと思われている人も、建築費用の構成が分かれば割高なんだなと分かってもらえるでしょう。


【理想的な家を手に入れるために】

自分の理想的な家を手に入れるためにも、タウンラウフ家づくりを利用して優良な注文住宅会社に家づくり計画書を作ってもらいましょう。

理想の家のイメージがより膨らんできますよ(^_^)
↓↓↓↓↓ 完全無料 ↓↓↓↓↓
タウンライフ家づくり

-平屋
-

Copyright© 家を建てるドットコム2020最新版 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.